Gibson Flying V 1998 limited edition  

 

 

 

・Rhythm Pickups : 496R ceramic magnet HB
・Treble Pickups : 500T ceramic magnet HB
・Controls : Two volume,one tone , 3-way switch
・Hardware : Chrome
・Scale/Nut width : 24.75"/1.6875"
・Fingerboard/Inlay : Rosewood,22 Frets/Dot
・Bridge/Tailpiece : Tune-o-matic/Stop Bar
・Materials : Mahogany neck,body
・Finish : Translucent Purple


ステージでのメイン・ギター。

Flying V はNASAの設立と同年の1958年、当時の『宇宙ブーム』に乗じて、『ロケットの形をしたギター』というコンセプトでデザイン・発売された。
発売当初は、そのデザインがそれまでのギターと比べてあまりにも奇抜だった為、世間には受け入れられず、発売翌年に生産が中止された。

その後、60年代に入ってアルバート・キング、ジミ・ヘンドリクス、70年代以降にはスティーヴィー・レイ・ヴォーン、マイケル・シェンカーなどにより使用され、徐々に人気を博し、80年代にギブソンでの生産が再開された。

フライングVというと、ハードロック系のギタリストが使用しているというイメージも少なからずあると思うが、実はブルース系のギタリストにも人気がある。その理由はアルバート・キングの使用によるところが大きい。
スティーヴィー・レイ・ヴォーンなどは「アルバート・キングがフライングVで良い音を出していたから買った」と公言していた。
また、ジミ・ヘンドリクスのローディーの話では、「ジミは、ブルースを弾く時はいつもフライング・アロー(=Vの別名)を使っていた」との事だ。

本機は1998 limited edition。
ヘッド裏にハート、ボディの両サイドにドラゴンのステッカー、また、2つのピックアップの間には、本物のトランプ(スペード)が貼ってある。

 

 

 

 

©2017 for all dirties : All rights reserved.